« 特高警察の復活 | トップページ | 菅直人さん、売国奴の真骨頂を発揮 »

2011年8月29日 (月)

プログレッシヴロックフェス 2011 行ってきた


実はKANSAS以外ほとんど知らないまま行ってしまった。
そう、予備知識無しにWishbone Ash、PFMを聴きに行きました。

トップバッターはWishbone Ash。
ツインリードのバンド。
初っぱなは機材トラブルが続いていたけど、センターのギタリストがケーブルを抜き差しして
足下のエフェクターボックスをガシガシ蹴っ飛ばしたりしていたら、いつの間にかノイズは消えていた。

イギリスのバンドでYESやASIAばっかり聴いていると、「え?イギリスなの?」って思ってしまうこと請け合いです。
左側のギタリストがごつい音、センターのギタリストが繊細な音を担当してその対比を聴かせていました。

ベースは始終ニコニコしていたものの、トリッキーなプレイが多め。
でも顔は変わらないのね。

そしておそらく今回の目玉であろうイタリアのP.F.M.
屋外ライブのせいか、蝉によるバッキングも絶好調な時間帯にスタート
ドラマーがリーダー?なのか、飛び出して来るなり客を煽りまくる。
しかし・・・プログレフェスのお客さんは座ったまま。
途中ボーカルが入れ替わるときに、めがねを外してもたもたしたりなんかちょっと憎めないドラマーだったり。
しかも控えドラマーまでいるっ。
キーボードとバイオリンを多用した典型的なイタリアンプログレってことでいいんだろうか。
最後のCelebrationと言う曲では客席を三つに分け、「セ」・「レ」・「ブレイション」を合唱させるという大盛り上がりで終了。

トリはプログレハードバンドの大御所KANSAS
まあドリームシアター辺りのご先祖さんですか。
デヴィッドさんの顔がどうしてもモルダー捜査官に見えて困る(>.<)
今日かかった曲はどこかカントリー風味な曲が多いんだよな。プログレなのに。
基本的には緻密に計算された(まあプログレだから当たり前なんだけどね)
売れ筋だったFight Fire With FireはなぜかMCで曲紹介有り。
ラストは当然のように“Carry On Wayward Son”の大合唱

それにしてもプログレフェスのお客さん、椅子に座ったまま立たないなぁ。
Wishbone Ashなんか、ラストで立ち上がったの、一瞬だけだったし。

|

« 特高警察の復活 | トップページ | 菅直人さん、売国奴の真骨頂を発揮 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です~
秋にもプログレフェスが今度は川崎であります。
しかし・・・・更に値上げ・・・

投稿: いちろう | 2011年8月31日 (水) 00時59分

わーい!ご無沙汰!行って来たのですか!いいな!

投稿: じゃにすまっちゃん | 2011年8月29日 (月) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1512354/41398045

この記事へのトラックバック一覧です: プログレッシヴロックフェス 2011 行ってきた:

« 特高警察の復活 | トップページ | 菅直人さん、売国奴の真骨頂を発揮 »