« トレフェス | トップページ | 中野区の夜景 »

2013年11月23日 (土)

ポール・マッカートニー 2013/11/21 行ってきた


ポール・マッカートニー、東京ドーム行ってきた。
いゃぁ・・・ステージが遠い・・・

オープニングは・・・Eight Days A Week~Save Asと言う流れ・・・だったと思う・・・多分
結局何曲やったのだろう

今回、ポールが英語でしゃべると両脇のモニターに日本語の翻訳が出てくるような仕掛けがあったが
つーことは、MCも全部仕込みか・・・

ビートルズ、ソロ(ニューフルバムからは3曲だったかな)、それにWingsからの曲と、
ポールの歴史の集大成のような選曲

「死ぬのは奴らだ」の本物をついに生で聴くことが出来た
ポール・マッカートニーのライブは初めてなので、いろいろ面白かった
ビートルズの曲でもアレンジいろいろ代わってるし。

何より素晴らしいのは、ポールはこの年になっても「枯れた音楽」に逃げないこと。
やっぱり彼はロックンローラーなんだな。

それにしても・・・曲目は知らないがしょっちゅう耳にするという曲が異様に多い・・・・
ソロとかウイングスの曲・・・だよなぁ。
ビートルズは一応ボックスで持ってるから、漏れは無いはず・・・

今年は、リンゴスターも2月に来ていて、そちらも見に行ったのだけど
この二人、良く一緒に同じバンドにいたな・・

ポール・マッカートニーと言う人、多分もの凄く常識人なんだと思う
そしてリンゴは、(ステージでの見た目は)完全にカラオケバーで陽気に歌ってるおっちゃんで、
リンゴのビートルズ時代の曲で披露されたのは、サイケな曲ばかり
ポップなポールは、アルバムNEWもそうだけど、やっぱりポップで
コンサートも全般的にポップなロック。
と思ったけど、ヘルター・スケルターなんかハードロックだしなぁ・・・

ライブの最中にとにかくいろんな曲が飛び出してくるから、頭の中で検索するのもかなり大変。

アンコールはデイトリッパー、ゲットバック
いやぁ・・・・初めてギター買ったばかりの頃、練習したなぁ・・・

2回目のアンコールはイエスタデイ、ヘルタースケルター、とメドレーやって、最後に
「ソロソロカエルジカンデス」と言う台詞の後、The ENDで終了でした

---------------------------------------------------------------------
ここから下は愚痴ですが・・・

俺の行った日、公開録画とやらで、サプライズで客全員に赤いサイリウムが配られた
サイリウム・・・・・昭和のコンサートかよ
しかもポールへのサプライズと言いながら、撮影用に綺麗に見せるための演出を客に手伝わせるとは・・
やめて欲しかった

大体、サイリウムをイエスタデイで振らせるために、警備員もぴりぴりしすぎだろう
後ろの客が我慢しきれなくって、サイリウムを見せてしまったら、警備員がすっ飛んできて「イエスタデイの演奏まではそのサイリウムは振らないでくださいっ」ってでかい声で叫んでるんじゃねーよ。

どこのアホがサイリウムなんて考えたんだろう・・・・プロモーターは余計な事しないでライブを楽しませてくれよ

|

« トレフェス | トップページ | 中野区の夜景 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1512354/54024135

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・マッカートニー 2013/11/21 行ってきた:

« トレフェス | トップページ | 中野区の夜景 »