« オズフェスにふなっしー | トップページ | マイクアンプ直った・・・・ »

2015年10月 5日 (月)

LM358Nでマイクアンプを作ったぞう・・・自作だぞう

まあ、ネットでパクってきた回路をそのままユニバーサル基板でくみ上げただけなんだけどね  
良い時代だ・・・・

元になった回路は、こちら
LM358のマイクアンプ回路図

LM358を使ったマイクアンプの見本として、外国のサイトに載っていた(・・・・が、今見たらドメインが売りに出されていた・・・・結構面白そうなオーディオ回路がいっぱいあったのになぁ)
とはいえ、下のリストの部品でこのまま作るとボリューム最大にすると、1000倍なんてとんでもない倍率になってしまうので、R5は47KΩ固定にしました(47倍なのよ)。
ボリュームなんかICレコーダー側で調整すれば良いし、その分半田付け箇所も減らせるってもんだ。

部品リスト以下のようになってました(上の回路図もそうだけど、何の気も無しに保存しておいて良かった・・・)

                
       

Component list of simple preamp mic circuit:

       

R1, R3, R4 : 10K          
R2         : 1K          
R5         : 100K-1M Potensiometer          
C1         : 0.1uF          
C2         : 4.7uF/16V          
IC1        : LM358 dual op-amplifier          
Mic        : Electret Microphone

       

         
Read more: http://audio.circuitlab.org/2012/06/simple-preamp-mic-using-lm358.html#ixzz22xxNEZz5          

(このドメインは既に無くなってるのでクリックしても「ドメイン販売中」になってて無駄ですが・・・)        

上記の回路を左右2チャンネル分作ってまずは配線図を作った
マイクアンプの配線図
この配線図はPasSというソフトを使った(作者のページはこちら

そして組み上がった基板はこちら
マイクアンプの基板


 

ちなみにフロントパネルはこんな感じ
マイクアンプのフロントパネル
ドリルとリーマーと、やすりを使って一生懸命開けました。  
個人レベルじゃこれが限界だわ。3.5mmのジャックはねじ込みの方がよかったかも。  
スライドスイッチがこのケースに収まるのが全然無くて参った・・・みんなどうしてるんだろ。  
エポキシ接着剤で強力に固定しています。二度と外れません

電源ランプをつけ忘れたけどな

R-09HRのLINEに接続した様子がこんな感じ・・・・なんだけど、
マイクアンプとR-09HR

ゴツくて気軽に持ち歩けないかな???  
アンプとレコーダーを固定するマジックテープでもスポーツ用品店にでも行って買ってきますか。

マイクはこれまた自作のWM-61Aと言うパナソニックのコンデンサマイクをマイクアンプにつなげて・・・・  
夜なので、CDをヘッドホンから鳴らしてそれを録音してみたのだけど、低音がスカスカじゃ無いですか(T-T)

ここまで来てそんなぁ・・・・  
ローカットフィルターが変なふうになってるのかな???  
今からアナログ回路のお勉強か???  
やはり出来合のを買った方がいいのか????

これで上手く行ったら、コンデンサやら抵抗を音楽向けのちょっといい部品に交換して、自己満足仕様にアップグレードしようと思ってのたのに・・・・
オペアンプだって差し替えられるようにせっかくしたのに

うーむ・・・・・・続いてしまう

|

« オズフェスにふなっしー | トップページ | マイクアンプ直った・・・・ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1512354/61905422

この記事へのトラックバック一覧です: LM358Nでマイクアンプを作ったぞう・・・自作だぞう:

« オズフェスにふなっしー | トップページ | マイクアンプ直った・・・・ »